Raspberry Pi 電子工作

LEDの点灯や各種アナログセンサーを使ったMaker's系のプログラム

Scratchでプログラミング

最近は児童へのプログラミング教育が話題になっています。
確かに、幼い時からのプログラミング教育が広く普及すれば、高いソフトウェア開発能力を備えた、高度な専門領域を持つ人材が多く生まれてくるかもしれません。

f:id:yuriai0001:20120122104743j:plain


もともとRaspberry Piには、イギリスの幼い子供たちへ向けた安価な教育用パソコンとして開発されたという経緯がありますのでRaspbianにもすぐにScratchがインストールされて使えるようになっています。既にご存知かもしれませんが、ScratchというのはMITで開発された主に子供がプログラミングを学習するための言語です。


Scratchを試すにはRaspberry PiよりもPCから行った方が楽です。
ブラウザ上でプログラムの作成、保存、公開まで行えます。


ということで、簡単な作品を作ってみました。
http://scratch.mit.edu/projects/22705192/


Scratchの素晴らしい点はもちろん、ブロックベースで直感的に組み立てていけることですが、オンラインのコミュニティーがものすごく発達しています。
http://scratch.mit.edu/
世界各国から投稿される作品は大人も唸るようなものもたくさんあります。
また、自分が作ったのも簡単にシェアできるので他人に見せて評価して欲しいという欲求にも応えてくれます。

Raspberry Piの当初の理念に共感しながら、今週末、子供たちと一緒にプログラミングをやってみましょう。